AGAの薄毛対策について

Pocket

AGA基礎知識はAGAを発症してしまう方は中年男性に多いのですが、年齢的に働き盛りに該当する事からつい睡眠時間を満足に確保する事ができないまま働き続けてしまい、体内のホルモンバランスが大きく乱れてしまいます。
乱れが生じるホルモンの中には成長ホルモンも存在するのですが、成長ホルモンというのは健康的な毛髪を発毛し維持するために欠かせない血行に直接的に影響しているので、睡眠時間の見直しを実行に移さなければどのような薄毛対策をしても無意味です。

他にも喫煙や飲酒、ストレスの蓄積も頭皮を含めた全身の血管を細くさせてしまうので、血行不良が引き起こされ毛髪を発毛し育毛するための栄養が不足してしまいます。
そのため、薄毛対策は健康的な生活習慣を取り戻す事が前提条件になり、同時に口から摂取する栄養素に関しても見直さなければなりません。
髪の毛というのは様々な成分が適材適所で活躍する事により生成されているので、発毛に際して必要な栄養素が一つでも欠けてしまうと薄毛対策には繋げられないですし、たとえ生えてきても本来の太さや濃さではありません。
毛髪はたんぱく質の一種であるケラチンが必須なのですが、ケラチンの合成時には食べ物に含有されているたんぱく質を分解させるためにビタミンが求められ、アミノ酸をケラチンに合わせる際には亜鉛が必要になります。
このように各々の栄養素が順序よく働く事により一本の髪の毛が出来ているのですが、AGAを発症している方は途中段階で栄養素が不足しているため髪の毛が生み出せなくなっています。
そこで、薄毛対策のためにはたんぱく質とビタミン、そしてミネラルを意識的に摂取するように心がけて献立を作り食生活を見直しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA