浮気調査の前に知っておきたい離婚の豆知識

Pocket

配偶者の浮気が発覚し、自分はもう離婚しかないと思っているのに全然応じてくれないということも多いようです。
配偶者と話し合いをしても離婚するつもりがないと言い張るわけですが、その理由がなんとも厚かましいケースもあるのです。
それって不倫・浮気の兆候かもしれません《妻編》
それは、自分は浮気なんかしていないとシラを切り、言いがかりをつけて離婚だなんてバカバカしいと拒否するといったような例です。

こういう場合、とにかく浮気を認めさせなければ話し合いにはなりませんから、認めさせるために探偵などの浮気調査を依頼することがお勧めです。
浮気の証拠を掴み、それを突き付ければ配偶者も何も反論できず、話し合いに応じるしかないでしょう。
しかし、それでもなお離婚を拒むこともあるでしょう。
そうなってしまった時には、その浮気調査で得た結果報告が非常に役に立つことがあります。

それは、調停離婚の際に役に立ちます。
調停離婚とは、話し合いで決める「協議離婚」では決着がつかない場合に家庭裁判所に申し立て、調停委員に仲裁してもらい話し合いをするといった方法の離婚です。

離婚の豆知識

離婚の豆知識

裁判所といっても裁判をするわけではなくあくまでも夫婦の話し合いの場です。

離婚したい側は、離婚を決めた原因となったことについて説明をするわけですが、その際に浮気調査で得た浮気の証拠を提出し自分を有利にすることが可能です。

ただ、浮気した配偶者が離婚に応じなければ調停離婚で決着がつかないということで、次の段階である裁判離婚ということになる可能性があります。

そうなった時も、浮気調査で得た証拠がさらに威力を発揮しますから、望んだ結果になることが期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA