ゴミ処理や回収方法も家庭ゴミとは違う、事業ゴミに関する知識

Pocket

事業ゴミとされる定義

家庭で出るごみは家庭系ごみとして扱い、オフィスや商店、宿泊施設などの企業が、営業を行う過程で出るゴミのことを事業系ごみとして扱っています。
会社から出るゴミとしては、段ボールや紙など、発泡スチロールやクッション材などが挙げられます。

その他には、ブロックなどの瓦礫や木材、プラスチック材やガラスなども事業系ごみの産業廃棄物として含まれています。
オフィスなどの場合は、重要な書類があり、それらをシュレッダーにかけてから廃棄することになるので、紙類のゴミがかなり嵩張ってしまうことがあります。

その他に、企業で働いている人たちが仕事の休憩時間に飲食をすることがありますが、弁当容器などもゴミの中に含まれています。

産業廃棄物とはどう違う?

事業活動から生じるゴミは、産業廃棄物と一般廃棄物に分類されています。
一般廃棄物は段ボールや紙類などで、産業廃棄物はプラスチックや金属、ガラス、コンクリート、陶磁器などがあてはまります。

その他に、廃油や動物の死体なども含まれていますし、複数の素材でできている家電製品などは仕分けが難しいので産業廃棄物に含まれていることが多くなっています。
産業廃棄物の品目区分は自治体によって異なりますが、自治体がはっきりと一般廃棄物か産業廃棄物になるかという指定をしています。

廃棄物処理法によって、産業廃棄物の種類が定められていますから、それを参考にして区分をすることが必要です。
産業廃棄物として出されたごみは、再資源化が可能なものも多いので、指定された通りに分別しましょう。

家庭ゴミとして出すことは禁じられています

事業活動の過程で出たごみは、必ず事業系ごみとして捨てなければならず、家庭ごみとして出すことは法律で禁止されています。
しかし中には、事業系ごみとして捨てるときにお金がかかってしまうことから、社員が持ち帰りを推奨して、自宅で家庭ごみとして捨てようとするモラルの低さが問題になっています。

法律で禁止されていますからルール違反になりますし、事業ゴミの中には産業廃棄物が含まれていることがあります。
もしそれに気付かずに家庭ごみとして捨ててしまうと、ごみを収集する作業員が怪我をしてしまったり、ごみを燃やすクリーンセンターなどで火災が起こってしまうということがあります。

モラルを守って、しっかりごみを分別することが求められています。

自治体によっては持ち込み処分できる場合も

事業系ごみを捨てるときには、一般廃棄物収集運搬許可業者に委託をして、ごみを回収してもらうことが一般的になっています。
ただごみの処理費用を安く済ませたいという場合には、自治体が管轄しているクリーンセンターに問い合わせて、自己搬入が可能かどうかを尋ねてみる方法があります。

自己搬入ができる場合には、クリーンセンターまだ事業系ごみを始める車やトラックが必要になります。
ごみの量が多い場合にも、積み込みが可能な車を用意する必要があります。

クリーンセンターがごみの受け入れをしている時間は決まっていますから、それに合わせて持ち込んで手続きを行います。
ごみの重量によって、ごみの処理費用が決められているところがほとんどです。

事業ゴミ回収業者を利用する

ゴミ処理や回収方法

ゴミ処理や回収方法

事業系ごみをクリーンセンターに自己搬入することもできますが、多くの会社やお店では、事業ごみを回収するサービスを行っている専門業者に依頼することが多くなっています。

自己搬入よりも料金は高くなりますが、会社やお店の営業時間外にごみを回収に来てくれるので、お客様に迷惑をかけずに済むというメリットがあります。

ただ事業ごみ回収業者に依頼するときは、事業系一般廃棄物と産業廃棄物に分別しなければならず、専門業者もそれぞれの運搬の許可証を持っていなければなりません。

産業廃棄物の中には廃油なども含まれていることがあり、ちゃんと処理をしなければ危険なこともありますから、信頼できる業者と契約することが大事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA