日本企業もほしがるグローバル人材

Pocket

就職難の時代はまだまだ続いていますが、厳しい状況においても就職を有利に進められるのが、グローバル人材です。
この、グローバル人材とは、一体どんな人の事を言うのでしょうか。
一般的にイメージされるグローバル人材とは、英語や他国の語学に堪能で、留学経験があって、というところですが、現場で求められているのはその様な人材にはとどまりません。
グローバル人材とは、物事を世界基準、地球規模で考えられる人物の事を言います。

海外諸国と違い単一民族のみで生活している日本人は、日本的な考え方で物事に対応すれば、ほとんどの場合問題なく状況に対処する事ができます。
ですが、いざ海外に出た時にもそのまま、日本ではこうなのだからというスタンスで物を考えてしまうのが、実は日本人が世界において力を発揮できない重大な弱点なのです。
この点において、日本ではなく世界を支点に物を考えられる人材が求められます。
その上で、日本の良さ、日本人の有利な特性についても考えが及び、様々な局面で生かす事ができる。
一見相反する様ですが、それら二つを両立させた立場を取れる日本人が、グローバル人材として評価されるのです。
就職にも有利な、これからの企業の中で力を発揮できる人材とは、世界と日本を視野に入れた冷静な目で物事を見る人物である、と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA