カントン包茎の特徴と直し方

Pocket

カントン包茎は包皮輪と呼ばれる亀頭を出すための入り口の部分が狭いことで起こります。
ここが狭いとなんとかして亀頭を出したとしても包皮輪が狭いことで亀頭を絞める状態になってしまいます。
これがカントン包茎の最大の特徴であり、非常に厄介な部分です。

そもそも嵌頓包茎(カントン)って?
カントン包茎がさらに厄介なのは仮性包茎程度にしか思っていない人が多い点です。

まだ大きくなっていない状態で亀頭を出せるため、自分は仮性包茎だと思う人が結構いる一方でその状態で大きくなった場合に元に戻せない問題を抱えています。
そのまま放置していると、絞めている部分から先に血液が行かなくなってしまい最終的にその部分が壊死する恐れがあります。
こうなると男性器の機能を果たせなくなり大変なことになってしまいます。
実はかなり深刻な状況であるにもかかわらず、その深刻さをカントン包茎に無頓着な人は分かっていません。

実際の治し方ですが、お風呂に入って包皮輪を大きくするように手を使って広げていくことも方法の1つとしてあります。しかしこれではかなりの時間がかかるだけでなく、無理やりやろうとして傷つけてしまう恐れもあります。
より確実なのは手術をすることです。
カントン包茎に関しては下手をすれば男性器に重大な影響を与えることから保険の適用もできます。
また包茎手術をした後の仕上がりを気にしている人であれば、自費でクリニックなどで手術を受けるのもおすすめです。

無理やり包皮をめくろうとして包皮が元に戻らなくなったとなれば大変なことになり、急いで病院に駆け込むレベルにまでなります。
そうしたことを避けるためにもカントン包茎であることを自覚する人はすぐに手術を受けておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA